ラ ターナのパスタ

定番の”トマトソース(ポマローラ)のスパゲッティ”、そしてソースだけではなくパスタの形態もいろいろと替わる”日替わりパスタ”など、ラ ターナのパスタもぜひ食べてみてください。

また生パスタがお好きな方はラザニアやフェットゥッチーネなど手間暇かけて作った生パスタ料理もありますよ!

 

パスタ

 

パスタと言ってもいろいろあるのですが大きく分けると一般的な乾燥パスタと生パスタがあります。

 

乾燥パスタはイタリアではセモリナ粉(デュラム小麦を粗く精製したもの)と水のみで作ることが義務付けられています。

セモリナ粉はたんぱく質を多く含み、あの黄色っぽい色は細胞の酸化を防ぐ(カロチノイドからのものです。また繊維質、ビタミン、ミネラルも含んでいます。

 

生パスタは水を一切使わずに卵と粉で作ったものでラザニアやフェットゥッチーネ、アニョロッティなどになります。

また他にはじゃがいもなどを加えて作るニョッキなどもあります。

 

 

料理人

Michele Garofalo ミケーレ ガロファロ

/ Arika Tanabe 田辺 亜吏可

 

基本的にパスタは毎日、定番のポマローラ*のスパゲッティと季節の食材を使って準備した日替わりのパスタ、そしてラザニアやフェットゥッチーネなどの生パスタのメニューをいくつかご用意しています。

 

また時には野菜から採ったスープで煮込んだリゾットやティンバッロ(リゾットにホワイトソースとチーズをのせて焼いたオーブン料理)なども顔を見せると思います。

 

*ポマローラというのはにんにくとトマトでさっと作ったトマトソースとはまた違って、トマトの他ににんじん、セロリ、玉ねぎを加え、じっくりと時間をかけて煮込んでからピューレ状にしています。このポマローラはイタリアではまさに”マンマの味”。シンプルだけど素材の味が生きていて毎日でも食べたくなるイタリアの家庭の味です。

 

 

パスタメニュー

 

これはいつもラ ターナに置いてあるメニューです。

々メニューが増えたり、替わったりすることもあります。